江戸川区の税理士 中村税務会計事務所は中小零細企業の経営相談、資産対策など経営全般をサポートする税理士事務所
 
これから商売を始めたい方へ

 

税理士は経営者のすべての相談相手

1.信頼される人を探すこと
長い年数おつきあいする為に、価値観のあまり違う人とは永続きしない。
自分の考えに近いかどうか。
(3人も面接して決めた社長さんもおります。リンク先の会社をご参考に)
単に経理事務だけでなく、トラブルの時の弁護士の依頼などあらゆる相談の窓口になります。

2.個人事業と会社組織の税務上の違いのアドバイスをうける。社長給与の決め方について。
有限会社と株式会社について
1円起業について
消費税の対応について
決算期について
労災保険、雇用保険、社会保険

3.開業したての会社はまず顧問料を相談する。
記帳指導を受けてなるべく自分で入力して会計事務所に手間をかけさせない

4.ランチェスターの法則にのっとった弱者必勝の戦略

自分の会社の強みを、如何に効率よく、顧客に伝えることを実行できるか


5.専門的な事は信頼できる専門家に

設立書式集を購入して、何時間もかけて自分で手続きをしようとする方もいらっしゃいますが、
その時間自分の得意な営業活動に向ければ、それ以上の効果があるはずです。
多少知識として知っておく事も大切ですが、その仕事をするわけではないのですから、
専門家にまかせることです。法人組織で社内に専門家がいないのに、社長や奥様が
決算から税務申告までやっているような会社程、非効率的な業務になっているものです。


6. 典型的な営業の失敗

顧客が望んでいない時に、売り込みをしてしまう。
顧客が望んでいる時に、売り込みをしない。
   相手の立場を感じない事が問題です。






ケース(1) ■良い会社と悪い会社・・・多くの会社を見ていると気がつきます

ある新聞チラシ広告を見たお客さんからの電話応対について
(お客・・・あのー、チラシみたんですけど・・・)

A社:「大変申し訳ございません。いま、わかる者が席をはずしておりまして」

B社:『お電話ありがとうございます。どちらのチラシをご覧になりましたか?
    広告の下の商品番号がありますので、お手数ですがお教え願えますか?』


ケース(2) ■付加価値を如何に高めるか

私は毎日自宅で500mlの缶ビールを飲みますが、1本約250円程です。
ところが、若くピチピチしたかわいいおネエチャンが隣に坐って、冷たいビールを出してくれると、
これがたちまち1500円に化けるが、でも惜しくないでしょう。
また、無愛想なオバサンが、どうぞとも言わないでテーブルの上に無造作に瓶ビールを
ドカーンと置いて、600円だと、カーッ、こんなんだったら、うちに帰って飲んだほうがよかったと、
後悔するでしょう。
(でも、うちに帰ると、冷たい女房が暖かいビールを出すんだ。と言っていた人がおりました。)

これからは、企業でも人においても付加価値が勝負であり、大切です。

企業人は「あなたの会社とつきあってとてもよかった」と思う付加価値を売らなければなりません。
だから、高ければ高いなりの理由があり、お客様が満足してくれさえすれば問題ないのです。
安くてもダメと感じるものであったら、やる意味ないですよね。


ケース(3) ■組織の活性化について

金魚を空輸するとき、どのようにするか知っていますか?

金魚だけをいっしょにして運ぶと、到着してふたを開けると全滅していることが多かったそうです。
ところが、そこに一匹のピラニアを入れると、全滅どころかほとんどが生きてたっていいます。
  なぜでしょう?
その通り。食べられると思うから逃げまくる。危機感と緊張感らしい。

これを組織にたとえると、金魚ばかりの集団はなかよしグループ。気が付いたらユデガエル状態、
崩壊している。

そこに一匹のピラニア、優秀なリーダーが加わることによって組織は活性化する。
(しかし、あまりにも強過ぎるピラニアだったら、金魚は全て食べられてしまうことになりますから。
ご注意)
ユデガエル
 煮え立ったお湯の中にカエルを入れると熱さの余りピョンと飛び出てしまいますが、
  ぬるま湯から少しづつ暖めていくと、気が付かないでやがてはゆでられて死んでしまう。

 

中村税務会計事務所  TEL:03-3655-3277 東京都江戸川区松島2-37-12

 Copyrights (C) 2005 nakamura-zeimu All Rights Reserved.  
お問合せ リンク集 ビジネス図書館 事務所・業務案内 新着情報 ホームへ